広告代理店がマーケティング戦略を簡単に解説

広告

広告代理店がマーケティング戦略を簡単に解説

マーケティングとは商品が大量かつ効率的に売れるように、市場調査・製造・輸送・保管・販売・宣伝などの全過程にわたって行う企業活動の総称。市場活動。販売戦略

引用:Wikipediaより

つまり生産から販売まですべてがマーケティング活動の一部なので、向上に勤務していたり、営業部門に所属していることもマーケティングに従事していることになります。

広告代理店が教えるマーケティング戦略(基本編)

 
マーケティングの4Pと企業活動の関係
4P おもな関連部門
プロダクト 工場、研究所など
プライス 営業部、経理部など
プレイス 営業部、物流部など
プロモーション 広報部、宣伝部など

 

マーケティングの大きな仕事は2つに区別される

 

 

マーケティング業務の2大区分
新商品の開発 新商品を企画し、市場に出すまでの業務
  【小さな業務】             【大きな業務】
即存市場での即存商品           新市場創造をめざす
から派生した商品             新商品開発など
即存商品の育成 すでに販売されている商品を育成していく業務
  【小さな業務】           【大きな業務】
即存商品の日々の販売       次年度の年間マーケティ

状況を把握し、営業活動       計画を立案し経営から承認
をサポートするなど           を得ることなど

 

①新商品の開発

新商品を市場に出す業務。

新商品のコンセプトから企画を立案し市場導入までの準備までを行う。

 

➁即存商品の育成

すでに発売されている商品を育てることに関する業務。

市場での商品の現状を把握し、次年度のマーケティング計画を策定する。

 

 

マーケティングの目的

企業におけるマーケティングの目的は「商品とお金の交換」です。

企業は価値を顧客に提供し、顧客から利益を享受します。そのためには「どういった交換が望ましいか」を考える必要があります。

当たり前の事ですが、

商品をとても欲しいと思っている人は⇒買う

商品を少しだけ欲しいと思っている人は⇒価格が安いor景品がついているなどで買う

商品を欲しいと思っていない人⇒買わない

 

売り手から見た「ほしい」度合いとお金の関係

 

買い手から見た「ほしい」度合いとお金の関係

 

↑のように顧客は商品を選んで買います。

「商品とお金の交換」は必ずしも自動的に行われるわけではありません。

そのため・・・

誰に」←ターゲティング

何を」←ポジショニング

 

考えながら提供することは重要な探索テーマになります。

 

 

 

近年ではインターネットの普及してきています。

そこで重要なポイントが

消費者はインターネットが欲しいのではなくインターネットを通じて自分にとって価値のあるものを探して、入手するという行動をとっている。

現在は多様化して使うマーケティング用語も増えてきているが、マーケティングの基本は変わらない。

まずはマーケティングの基礎知識を知る事が大切。

マーケティングの基本知識を細切れになった単語としてではなく、手順に沿った体型で知っておけば、これから大きく変化していく消費者にも十分に対応できる。

 

 

 

マーケティングはビジネスの一部

 

・企業経営における二大指標
利益:自社の売り上げ-経費(変動費+固定費)
シェア:自社の売り上げ÷市場規模

 

活動目標となる「売上」はマーケティング活動にとっても重要な指標となるのですが、これだけではマーケティングの目的である「商品とお金の交換」は見えてこない

マーケティングの単位に置き換える必要がある。

売り上げ=顧客数×商品単価×購入頻度

 

マーケティング業務では「交換」という単位がポイントになるのですが、企業全体を考えると単に「商品とお金の交換」というだけではなく、企業が存在している地域や国、地球といったコミュニティにも配慮する必要があります。

CSRという、企業の社会的責任からの視点もマーケティング活動には求められるのです。

  1. 自社=I
  2. 顧客=YOU
  3. コミュニティ=WE

という3つの立ち位置があります。

まずマーケティング活動の基本である「自社」と「顧客」との交換によって利益と価値をそれぞれが求めることになります。

しかし、利益と価値は「コミュニティ」を配慮したものでなければいけません。

 

マーケティングの基本的な手順を理解する

 

マーケティングの基本的な手順があります。マーケティングの知識があってもなかなか実部で活用できないのは、業務手順を理解しないと仕事が難しいからです。

マーケティングの業務手順には

「ある起点から、あるゴールへ向かう」
直線型のマーケティング業務フロー
「循環しながら、より、改良・改善される」
円環型のマーケティング業務サイクルが存在します。

企業のビジネス戦略に沿って、新商品を開発する場合

開発業務開始
⇒環境分析
⇒新商品のコンセプト開発
⇒マーケティング基本戦略の構築
⇒マーケティング・アクション・プランの構築
⇒市場導入準備作業
⇒販売開始といったstepをふみます。

マーケティング業務においては、この順番が非常に大切になります。

 

業務サイクルの体表的なものは「即存商品の年間マーケティング計画策定の業務サイクル」です。

側座位商品が企業の利益を支え、来期も安定的な利益を獲得することは約束されたことではありません。

商品は常に成長を求められますが、どのように売り上げ・利益を確保していくのかについては、商品ごとに計画を立てる必要があります。

こういった業務は毎年行われ、前年度の実績や課題が翌年の計画に反映されるサイクルを持っています。

 

すでに販売されている消費財商品Aの年間マーケティング計画を策定する場合

現在の商品Aのパフォーマンス・レビュー⇒次年度の販売目標の設定
⇒現在のマーケティング基本戦略の次年度に向けての修正
⇒次年度マーケティング・アクション・プランの構築
⇒次年度の実施準備⇒次年度が当該年度となって実施
⇒この年のパフォーマン・レビューといったstepを繰り返します

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました