検索エンジン最適化(SEO)による集客方法

広告

検索エンジン最適化(SEO)による集客方法

SEOとは「検索エンジン最適化」(Search Engine Optimization)の略語で、検索エンジンに評価されやすいように、Webサイトの構造やWebコンテンツの内容をチューニングする事を指します。そのSEOが成功する事で、検索結果における順位が上がり、Webサイトへのアクセス数が増えます。

アクセス数を伸ばすだけであれば、TwitterやインスタグラムなどのSNSで、あなたのサイトについて言及してもらえばいいと考えるかもしれません。

ただ、それらのソーシャルメディア経由のアクセスよりも検索エンジン経由のアクセスの方が優れている点があるのです。

検索エンジン最適化(SEO)によるメリット

①コンテンツ(情報)を求めている人を集客しやすい

検索エンジンを使うユーザーの多くは、自分の悩みや質問に対して「答え」を求めて検索を行います。

たとえば、「釣り 初心者」というキーワードであれば、「竿の購入から始め方まで」を知りたいと考えていますし、「カップル 旅行 群馬」というキーワードであれば、「カップルで楽しめるオススメの観光地」を知りたいと考えているのです。

 

そのため自分の興味にあるコンテンツが検索結果に表示された際には積極的にアクセスするなど、そのアクションも能動的なものになります。

このように、ユーザーに能動的にアクセスされることを「プル型」のアクセスと呼びます。

一方、Twitterやインスタグラムなどで一方的に情報を発信し、その情報を見つけた人にアクセスしてもらうことを「プッシュ型」のアクセスは「プル型」のアクセスと比べ、その情報を求めていないユーザーの目にも触れますので、集まるアクセスは「プル型」ほど、濃いものにはなりません。

 

➁継続して露出することができる

検索エンジンであなたのサイトが上位表示されれば、検索順位が下がらない限りは、検索ユーザーからの継続的なアクセスを期待する事ができます。

他方、TwitterやインスタグラムといったSNSでは基本的には情報が時系列で並ぶため、古い情報は新しい情報よりも露出しにくくなります。

その点、検索エンジンでの露出は情報の新しさだけが評価されるのではなく、検索ユーザーがそのコンテンツ(情報)を求めているのかどうかという視点で評価されます。

たとえ1年前に公開されたコンテンツであっても上位表示され続けることがあるのです。

 

Googleから評価されるWebコンテンツの作り方(SEO)

現在Yahoo!はGoogleの検索エンジンを採用しており検索エンジン市場におけるGoogleのシェアは90%を超えていると言われています。

そのためSEO成功させるためには、Googleが提供している「ウェブマスター向けガイドライン」を参考にすることが近道です。

そのガイドラインには、Googleから評価されやすいコンテンツを作る上での基本方針が書かれています。

 

基本方針

  • 検索エンジンではなく、ユーザーの利便性を最優先に考慮してページを作成する。
  • ユーザーをだますようなことをしない。
  • 検索エンジンでの掲載位置を上げるための不正行為をしない。ランクを競っているサイトや Google 社員に対して自分が行った対策を説明するときに、やましい点がないかどうかが判断の目安です。その他にも、ユーザーにとって役立つかどうか、検索エンジンがなくても同じことをするかどうか、などのポイントを確認してみてください。
  • どうすれば自分のウェブサイトが独自性や、価値、魅力のあるサイトと言えるようになるかを考えてみる。同分野の他のサイトとの差別化を図ります

引用:「ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)より」

 

この4つの方針を見れば、Googleがいかにユーザーのことを大切に考えているかがわかるでしょう。

つまり、Googleで上位表示されるためには、Googleを使うユーザーのことを徹底的に考え抜く必要があるのです。

そのことはGoogleの経営理念である「Googleが揚げる10の事実」を知ることでも理解できます。

「Googleが揚げる10の事実」

  1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる
  2. 1つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。
  3. 遅いより速いほうがいい。
  4. ウェブ上の民主主義は機能する。
  5. 情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。
  6. 悪事を働かなくてもお金は稼げる。
  7. 世の中にはまだまだ情報があふれている。
  8. 情報のニーズはすべての国境を越える。
  9. スーツがなくても真剣に仕事はできる。
  10. 「すばらしい」では足りない。

「Googleが掲げる10の事実」より

なぜ、Googleはユーザーの利便性を最優先に考えているのか?

Googleにとってもメリットがあるからです。

Googleがユーザーの利便性を最優先に考えている理由

Googleが便利になればなるほど、Googleを使うユーザーが増える

Googleの検索結果に表示される広告が、より多くのユーザーの目に触れる

広告をクリックする人も増える

Googleの広告収益が増える

 

このようにGoogleがユーザーの利便性を追求すればするほど、Googleの広告利益は増えるのです。

だからこそ、Googleはユーザーが満足する検索結果を返そうと、検索エンジンのアルゴリズムを調整し続けています。

つまりGoogleでのSEOを成功させるためには、検索ユーザーが満足するような、利便性の高いコンテンツを作るのがよいことが分かります。

では利便性のコンテンツとはどのようなコンテンツを指すのでしょうか?

相手の悩みを解決させてあげる記事を書く

検索ユーザーにとって利便性が高いコンテンツを根が得る上で念頭に置いておくべき考え方があります。それは、「検索ユーザーは検索したいわけではなく、自分の悩みや質問に関する答えがほしい」というものです。

 

  1. 検索ユーザーが今まさに抱えている「悩み」や「質問」に対して、「的確な答え」を返しているコンテンツ
  2. 検索ユーザーが抱えると思われる「悩み」や「質問」を網羅的に取り上げ、「先回り」して答えを返しているコンテンツ
  3. ほかのサイトと同じ情報を扱ってもいても、どこよりも素早く答えがわかるコンテンツ
  4. ほかのサイトと同じ情報を扱っていても、どこよりも見やすい、わかりやすいコンテンツ
  5. ほかのサイトと同じ情報を扱っていても、どこよりも信頼できるコンテンツ
  6. どこよりも情報が新しいコンテンツ

 

このコンテンツは、まさに、検索ユーザーによって利便性の高いコンテンツです。

実際にGoogleで適当なキーワード―で検索し、上位表示されるコンテンツを見てみると、先ほど挙げた条件に合致していることを理解していただけるはずです。

そして、そうしたコンテンツは検索ユーザーが「なぜ検索するか?」という「検索意図」に合ったコンテンツと言い換えることもできます。

つまり検索ユーザーが満足するコンテンツとは、検索ユーザーが検索意図に合ったコンテンツだと言えるのです。

 

検索意図を推測する方法4つ

 

①「Googleキーワードプランナー」を使い、関連キーワードをチェックする

➁「Yahoo!知恵袋」や「OKWAVE」などのQ&Aをチェックする

➂「NAVERまとめ」などをキューレーションサイトで、観覧数が多い「まとめ」をチェックする

➃Googleでキーワード検索をし、検索結果上位10位までのページを分析する

 

検索ユーザーによって利便性が高いコンテンツを考えるためには、コンテンツの見やすさやわかりやすさ以上に、ユーザーの「検索意図」に合った情報を集めることが大切です。

なぜなら、どれだけ魅力的なコンテンツであっても、上位表示を狙うキーワードの検索意図からズレているのであれば、検索結果で上位表示されにくくなるからです。

 

 

まとめ

1.SEOを意識したコンテンツは「そのコンテンツ(情報)を求めている人を集客しやすい」

「継続して露出することができる」という2つの利点がある

2.GoogleでのSEOを成功されるためには、Googleが提供している「ウェブマスター向けガイドライン」を参考にすることが近道

3.Googleはユーザーの利便性を最優先に考えて、検索結果のアルゴリズムを調整している

4.上位表示を狙うキーワードの「検索意図」を推測するためには、実際にGoogleでキーワード検索を行い、検索結果上位10位までのページを分析すると良い

5.ライティングを行うより先に、キーワードの検索意図を推測し、その検索意図をカバーする情報を集めておく。

コメント

タイトルとURLをコピーしました